編集部ブログ

2020.11.19

米グーグル、日本向けにAI活用コロナ感染予想公開

 米グーグルが、日本向けに人工知能(AI)を活用した新型コロナウイルス感染者の予測情報の提供を始めました。陽性者数、入院患者数などを都道府県ごとに示したサイトは一般に公開され、医療機関や行政機関に役立ててもらう目的とのことです。日本全体の今月15日~12月12日の陽性者数予想は5万3321人。これまでの感染者数が12万3544人(11月18日深夜までNHKまとめ)ですから、かなりの大幅アップです。今日、東京都の感染者数は、初の500人超えになりました。

 加藤勝信官房長官は18日の記者会見で、「前提条件によって結果が大きく異なるため、厚生労働省が条件を聞くことにしている」と語りました。ところで、新型スーパーコンピューター「富岳」がスーパーコンピューターの性能を競う4つの世界ランキングを2期連続で制したと報道されました。富岳でも正確な感染予想、さらには感染予防策を立てて欲しいものです。