日米開戦

大東亜戦争が始まったのは、昭和十六(一九四一)年、私が工業学校の四年生の時です。十二月八日の真珠湾攻撃で、日本軍が大きな戦果をあげたという報道を聞いて、学友達は皆「よしやった!」と湧き立ちました。

その報を聞いた時には、すぐ銃剣を着けて学校の警備に当たりました。治安が乱れることを警戒してのことです。混乱に乗じて暴動が起きたり、誰が攻撃してくるか分かりません。何が起きるか分からないから、それを未然に防ぐためでした。

資源のない日本が、それまでABCD包囲網で苦しめられてきたのですから、真珠湾の攻撃で、その鬱憤が晴れたという気持ちはありましたよ。やっと勝ったな、戦うべきだ、と。ずっと苦しめられた時代に生きていたのですから、真珠湾攻撃成功の報を聞いて、万歳して喜んだのは自然な感情です。

今時の若い人が、戦争は日本が悪かっただの、特攻隊は可哀想だったの、なぜあんなひどい戦争をしたのかなどと言うのは、浅はかだし、時代を知らない者のセリフです。当時を生きていた人々の気持ちを知らないから言えることです。

コラム6 ABCD包囲網


送料・代引き手数料無料

良医情報アンケート

桜の花出版

桜の花出版のご案内

東京都町田市中町1-12-16
アイケーブリック 401
TEL : 042-785-4442
FAX : 042-785-4424
営業時間 : 9時30分-17時
定休日 : 土日祝日
※ 桜の花出版ネットストアで購入すれば、1冊からでも送料無料
RSS Facebook Twitter