タオと宇宙原理

タオと宇宙原理
  • 著者:森上逍遥
  • 定価:2,700円(税別)
  • ページ数:544ページ
  • ISBN-10:4434279491
  • ISBN-13:9784434279492
  • 発売日:2020年9月22日
  • サイズ:A5判上製本 21×14.8×3.3cm
  • 発行:桜の花出版/発売:星雲社

桜の花出版ネットストアで買う

電子版を買う

内容紹介

仏教哲学を専門とし、老子を始めとする東洋哲学にも精通する、森上逍遥氏待望の新刊です。

【本書の画期的な5つの特徴】

  • 量子力学と人間の法則が一致している点を世界で初めて指摘
  • 〈言語次元〉という世界初の新しい概念を提示している
  • 仏教が説く悟りについて物理学との相関性を分析
  • 時間論について、仏教が説く三世実有法体恒有と二次元的に枝別れしていく世界を解説
  • 還元的唯物論者へのアンチテーゼが一つのテーマとして貫かれている

 この世界はたった四つの力とたった二種類の素粒子とで出来ている、という驚くべき、余りに単純な物理原理。さらに、この素粒子は、生滅を繰り返し、粒子かと思うと波の性質を持つという、不可思議な存在であることが分かってきました。

 アインシュタイン、ボーア、シュレーディンガーなど、量子物理学の旗手たちが明らかとした、宇宙のあらゆるものを貫くこの法則を、本書では分かりやすく解説し、さらに、その法則が、この宇宙のあらゆる存在(生物も無生物も)を支配しているという意味を解き明かします。そして、私たち人類の意識が、この物理の普遍の法則といかに合致するかについても述べられています。

 非常に大胆かつ、論理的な仮説であり、画期的な試みの書です。

 そこから見えてくるのは、最新の物理学が明らかとしたこの宇宙の構造と、仏教哲学や老子など、先人たちの叡智が説く〈存在〉の真実との、驚くべき一致です。

 本書はさらに、壮大な宇宙と人類の未来を語っています!

 また、画期的な試みとして、〈言語次元〉というまったく新しい概念について分析を試みています。人類の進化過程を、「言語」という観点から捉え直す知的な分析であり、究極の〈叡智言語〉の獲得の重要性を説いています。

 宇宙の神秘性や未知の可能性への探究心と鋭敏な感受性を持つ人にとっては、非常に興味を惹かれ、目を開かされる内容に違いありません。

 なお、名前が、森神から森上に変わりましたので、どうぞご承知おきください。

本文「はじめに」より

あなたは何故〈あなた〉なのだろうか

〈世界〉は本当に存在しているのだろうか

 なんと、この世界はたった四つの力とたった二種類の素粒子とで出来ていたのである。それは知れば知るほど驚きの、余りに単純すぎる原理である。

斯書では、宇宙物理学の法則を紹介しながら、筆者の専門の仏教哲学や東洋思想とりわけ老子の哲学を通して、〈存在〉の真実について解き明かそうとする試みの書である。一般向けに物理学や哲学が苦手な人にも出来るだけ分かりやすく書いたつもりであるが、後半は少し難解な所があるかも知れない。

 この宇宙は自然発生的に誕生したと従来考えられてきたが、ここにきて「人間原理説」が唱えられるようになり、その背景に、神ならぬ宇宙意志の存在を認める動きがヨーロッパ系の学者の間に広まっている。更には、我々の宇宙以外の多次元宇宙までもが数式で導き出されるようになり、物理学は神の領域に入り込んだようだ。そして、遂に彼らが言い出したことは、この世が存在しないということである。

 実は、仏教は二千五百年前から量子物理学が解明した真理についてまったく同じ事を語ってきているのである。また、最終章は老子の哲学にも触れ、タオとは何かを解説している。それは、人間の存在そのものであり、仏陀が存在を全否定するのに対し、老子は無為の世界を通して存在を全肯定してみせるのである。そのどちらもが、人間存在の実存性と超越を示しており、凡夫が如何にして生きるべきかを示している。当初予定より大幅なページ増となり五百頁を越えたことは、本が売れないことに等しく悩ましいところではあったが、読者にあられては、どこからでも興味の湧く箇所から読み進めて頂ければと思うのである。勿論、前章から読み進めないと理解が困難な所もあるが、気にせず、流し読みをして頂くだけで充分ご理解頂けるように書いた。特に、一章には斯書の全体像が分かるように、その要諦を述べている。

 斯書の最大の特徴は〈言語次元〉というまったく新しい概念について分析を試みていることである。それは、人類の進化の過程でもあり、〈叡智言語〉の獲得の重要性を説いている。更には、重力に関わる原理と人間の精神原理の同一性を分析しているのも世界初の試みであり、興味を抱いて頂ければ幸いである。それは我ながら実に興味深い内容であった。そして、それらの事実を通して仏陀とは何か、解脱なる超自我の覚醒とは何を意味しているのかに言及している。唯物論的還元主義では理解できない深遠なるタオの世界と理論を紹介する。

 猶、名を森神から森上に改めたことをここにご報告し、読者のご理解を請うものである。

二〇二〇年八月五日 森上逍遥 識

『タオと宇宙原理』目次

はじめに

序 章 「この世」は存在しない!
        プログラムされた人類
        夢は現実か 現実は夢か
        量子力学は仏教哲理「非存在」を学んでいた!

第一章 意識と科学 古代の叡智と量子仮説
   知識人の傲慢―唯物主義者の台頭
        意識とは何か
        「信仰」の否定と「分別」という誤り
        科学者の傲慢
        思考優位型の傾向と過ち
        思考優位型の攻撃性
        ダーウィンの直観とケルヴィンの数式
        日本の知識人の異常性
        老子の逆説
   自然科学の世界―常識を疑え
        電磁気力の驚異
   古代自然哲学者の叡智
        世界で初めて地球の大きさを測ったエラトステネス
        古代人は幼稚という誤った観念
   空と刹那生滅
        「空」―絶対性の否定
        刹那生滅
        宇宙の「人間原理」とは何か
   量子力学 誕生
        量子論 マックス・プランクの功績
        量子仮説の大発見
        インド哲学との類似性

第二章 言語の次元
   人類進化に介在する〈言語〉次元
        人類の誕生
        言語こそが人類進化の鍵
   多様な言語世界
        あらゆるものが〈言語〉作用を内包する
        遺伝子言語
        機能言語(生体言語)
        本能言語(進化言語)
        恐怖言語
   自然言語と宇宙言語
        知恵を内在させる〈自然言語〉
        マネー言語と天災
        生物が教えること
        自然言語に対応する機能言語
        宇宙言語
   感情と知性と理性言語
        感情言語
        知識に基づく〈知性言語〉
        理性言語
   叡智言語① 科学史にみる知性の展開
        デモクリトスの世界
        科学弾圧の時代―ユダヤ教の特性
        ユダヤ教とキリスト教、イスラム教の異なる立脚点
   叡智言語② プランクに見る〈叡智言語〉の開示例
        自然科学と宗教の未来
        〈自由言語〉意志と因果論
        〈宗教言語〉と〈科学言語〉の調和
   叡智言語③ 知性言語との対立
        唯物論者たちの〈知性言語〉の限界
        宗教より先に科学の大罪を認識せよ
        型破りな〈知性言語〉体現者 ニコラ・テスラ
   叡智言語④ タオとの
        〈叡智言語〉だけが「意志」を認識する
        遍満する〈タオ〉をどの言語次元で捉えるか
        タオと修行
        タオは全ての言語に宿る
        プルシャと無極
        正邪を包摂するタオ

第三章 ノーベル賞物理学者らのタオ観
   タオと宇宙観
        仏教の教え
        東洋の叡智と科学の出逢い
        シュレーディンガーの猫のパラドックス
        波動関数の収縮
        無と有の介在次元
        ハイゼンベルクの「不確定性の原理」とタオ
   アインシュタインの宗教観
        宇宙宗教的感覚
        私は熱心な修道士
   カール・G・ユングの集合無意識
        東洋的神秘性を深い心理学へと昇華する
   湯川秀樹と老荘哲学
        天才物理学者の視座
   深淵の世界
        老荘への偏見
        タオ―宇宙の息吹

第四章 宇宙の仕組みとタオ
   生命を支える物理原理
        原子の構造
        物質の驚異の単純原理
        四つの力の相互作用
   人間原理
        宇宙宗教者は居るのか?
        小宇宙 ― 人を支配する四つの力作用
   宇宙の誕生
        時間と空間の起源
        ビッグバン宇宙
        特異点とは何か
        巨人と水と「宇宙卵」の伝説
   渾沌からの秩序
        プルシャとプラクリティ
        タオとプラクリティ
        全ては渾沌性から生まれる
   純粋エネルギーとは何か
        無から有が生ず
        神概念の出現
        物質を生み出す純粋エネルギー
   宇宙の神秘
        物質と反物質の対生成と対消滅
        三十八万年後、宇宙の晴れ上がり
   星屑から人は誕生した
        重力が恒星を誕生させ人を形成する
        銀河の形成と太陽の誕生
        太陽の誕生と死
        宇宙フロンティアと核融合
        「光子」は「慈愛」の象徴
        科学者と謙虚
   超新星爆発と生命の誕生
        恒星の使命
        タオの顕われとしての宇宙
        恒星の死があの世を暗示する
   ブラックホールは未来を開く
        ブラックホールが意味すること
        巨大なエゴの作用
        二流の科学者
        ワームホールから異次元へ
   宇宙に倫理は存在せず
        超弦理論
        禅定の中に観る宇宙の終わり
        宇宙に善はない
        道徳原理は存在する

第五章 新たな「神」の構築
   世界を支配する原理
        『聖俗』の二原理
        霊的探求
        「力」作用の交流
   自律(スピン)する世界
        物も心も単純原理機関
        磁石の原理
        万物に宿るスピン
        スピンと自律
   輪廻―存在の証明
        破壊と輪廻―万物は無常である
        AIの人類化と人類の滅亡
   仏教的因果律
        因と縁の哲学的分析
        病的因子の行方
        「塞翁が馬」に見る因果の法則
        生の因が死後の果を等価として生じさせる
   マルチバース次元の不思議
        多次元宇宙が導き出すもの
        意識エネルギーの数値化
   新たな神の出現
        科学はいずれ創造者の「影」を捉える
        宇宙物理学の進化が創造者の概念を変える
        人類誕生は奇跡的偶然か必然か
        物理法則を超える我々の精神

第六章 「悟り」の構造
   宇宙と人類を支配する「重力」の意味
        重力が宇宙の運命を決定した
        「四つの力」と人格の形成
        光子が意味すること
        物理学が「あちらの世界」を語りだした!
        解脱(悟り)の構造
        解脱の出現
        反物質と偉大なる仏陀の悟り
        悟りの階梯
        タパスと苦行
   存在と無
        無とは何か―東洋哲学的考察
   永遠の今
        時間を考える
   三世実有法体恒有
        時間とは何か
        仏教の時間空間論
        因縁論により過去と未来が成立した
        法体恒有 無為と有為の法
        過去は変えられる
        時間の矢
   存在の不思議
        どう今を受け止めるのか
        現代物理学の時空間

第七章 老子のタオ
   無極から太極そして宇宙の創造
        老子の世界
        『道』の義
        天地開闢
        太極の誕生
        受胎三ヵ月目に霊が宿る
   太極と無極
        天地陽陰の交感
        吉凶の原理
        無極の出現
   二宮尊徳の世界
        一円相の哲学
        無極の態
   清静経通釈

おわりに

森上逍遥 もりがみ しょうよう

福岡生まれ。文筆家。思想家。

中・高とミッションスクールの西南学院に通い、キリスト教教育を通して聖書と西洋思想に親しむ。高校卒業後、しばらく精神の放浪にて見聞を広めた後、立正大学仏教学部に特待生として入学、インド仏教を学ぶ。昭和54年度卒。卒論は『龍樹研究』で空観に於ける異蘊の解明を論じた。業界紙記者などを経て現在に到る。著書に『侘び然び幽玄のこころ』『人生は残酷である』(桜の花出版)がある。令和2年5月、森上逍遥に改名。

送料・代引き手数料無料

良医情報アンケート

桜の花出版

桜の花出版のご案内

東京都町田市中町1-12-16
アイケーブリック 401
TEL : 042-785-4442
FAX : 042-785-4424
営業時間 : 9時30分-17時
定休日 : 土日祝日
※ 桜の花出版ネットストアで購入すれば、1冊からでも送料無料
RSS Facebook Twitter