学校の勉強

学校の勉強は、別に楽しく勉強した記憶もないし、辛かったということもない。勉強だから、やるのが当たり前と思っていました。

同級生の中には、なかなか日本語が覚えられない子もいましたね。でも、そういう子にも、先生方は根気よく教えていました。できないと叱るより、できたら褒めるという感じで、皆に平等に教えていました。だから、最後には皆、平等にできるようになりました。

私は、語学は得意でしたし、算術も得意でした。修身も、作文も、習字や図画、体操など、科目の好き嫌いはありませんでしたね。学期の終わりに成績表をもらってくると、家に持って帰って親に見せるものですが、見せなくとも、私の場合はもう決まっていましたから、親も見せろと言わないのです。成績は良かったですからね。

授業は、基本的に教科書に沿って進みます。今と同じような感じですね。それに、例えば課外授業みたいなもので、田んぼや塩田などに連れて行ってもらって、実地で教えるわけです。だから、生活に役立つようなことを教えてくれました。

授業は朝八時から午後の四時で、一時間は五十分。一年生の時は、少し短くて午前中で終わりだったと記憶しています。二年生か三年生から午後の授業があったような気がします。土曜日は半日で、お昼ご飯を食べる前に帰ってきていました。

当時、一クラスは六、七十名ぐらいだったでしょうか。末廣公学校では、一クラス五十名ぐらいで、男が四組、女が二組ありました。もちろん、当時は男女は別々のクラスでした。


送料・代引き手数料無料

良医情報アンケート

桜の花出版

桜の花出版のご案内

東京都町田市中町1-12-16
アイケーブリック 401
TEL : 042-785-4442
FAX : 042-785-4424
営業時間 : 9時30分-17時
定休日 : 土日祝日
※ 桜の花出版ネットストアで購入すれば、1冊からでも送料無料
RSS Facebook Twitter