• 桜の花出版
  • 新着情報
  • プレスリリース
  • 桜の花出版が膵臓癌や腰痛治療など「希望の最新医療シリーズ」次々出版、第一人者に独占インタビュー、アマゾン医療分野で1位獲得、最先端医療に携わる医師たちも認める本

プレスリリース

2016.11.10

桜の花出版が膵臓癌や腰痛治療など「希望の最新医療シリーズ」次々出版、第一人者に独占インタビュー、アマゾン医療分野で1位獲得、最先端医療に携わる医師たちも認める本

桜の花出版より、『2016年版国民のための名医ランキング』に続き、最新医療について各分野の第一人者にインタビューし、患者が聞きたい最先端の現状を分かりやすくまとめた本「希望の最新医療シリーズ」が8月から続々刊行されています。

  1. 奇跡の放射線治療 ―脳腫瘍・頭頸部癌・肺癌・乳癌・食道癌・肝細胞癌・膵臓癌・前立腺癌・子宮頸癌・悪性リンパ腫 ほか
  2. 安心の脳動脈瘤治療 ― 手術をしないカテーテル治療の最前線!
  3. 期待の膵臓癌治療 ─ 手術困難な癌をナノナイフで撃退する!
  4. 信頼の腰痛・脊椎治療 ─ 寝たきりリスク「ロコモティブシンドローム」を回避する!
  5. 第一の肺癌治療 ─ 早期発見・チーム医療・ロボット手術・肺移植・話題の新薬まで

そして、この11月17日に、『救いの総合診療医 ─ 新・総合診療専門医が日本の医療を変える!』が発売されます。早期発見・早期治療のためにも、元気なうちから最新医療を知っておくことが大切です。

『2016年版 国民のための名医ランキング』が医療界や出版界に与えた衝撃

次の版の出版は、さらに内容を充実させ来年2017年春以降に刊行予定

桜の花出版が2015年11月11日に発行した『2016年版 国民のための名医ランキング――いざという時の頼れる医師ガイド 全国名医276人厳選』は、掲載料を一切取らず、独自の調査に基づき作られており、医療業界だけでなく出版界にも大きな話題を呼びました。掲載されている有名医師たちが各人のホームページなどで取り上げるなど、大きな反響を呼んでいます。

アマゾン取り扱い書籍のうち、病院・医者カテゴリーで、2015年、10月31日、11月5日、11月9日、11月11日、11月12日と1位、刊行から一年経った今も2016年9月17日に2位と上位をキープしています。
次の版の出版は、さらに内容を充実させ来年2017年春以降を予定しているということです。

現在の医療の進歩は目覚ましく、最新治療の情報をいかに正確に得るかということが、寿命を決定するといっても過言ではない時代になりました。『名医ランキング』の取材の中で得た情報の中で、患者が求める、できるだけ体に負担のかからない医療、それを取材してまとめた本も、この夏から刊行されています。
すべて新書サイズで、エッセンスがギュッと濃縮され、さっと読めるので、最新医療の核心を素早くつかみたい人に最適です。それぞれ、紹介していきましょう。

① 『奇跡の放射線治療 ―脳腫瘍・頭頸部癌・肺癌・乳癌・食道癌・肝細胞癌・膵臓癌・前立腺癌・子宮頸癌・悪性リンパ腫 ほか

最近の驚異的な放射線治療の進歩

奇跡の放射線治療―脳腫瘍・頭頸部癌・肺癌・乳癌・食道癌・肝細胞癌・膵臓癌・前立腺癌・子宮頸癌・悪性リンパ腫 ほか

今、放射線治療は、目覚ましい発展をとげています。切らずに癌を治したい人、必読です。身体にやさしい新しい放射線治療の最前線を紹介しています。

放射線治療の基本的解説と、治療実績のあるエックス線を使い、より副作用が小さい「強度変調放射線治療(IMRT)」を詳しく紹介、保険適応で、癌に集中的に放射線を照射し、正常部位への放射線量を抑制して、癌の治癒率を高めた最新技術です。

インタビューした徳植公一医師は、東京医科大学病院放射線科主任教授で癌の放射線治療のエキスパートです。東京大学工学部産業機械工学科卒後、医学を志し、国立がんセンター放射線治療部を経て、筑波大学陽子線医学利用研究センター勤務の後、東京医科大学病院放射線科主任教授に就任しました。

本書は、アマゾンの放射線医学・核医学ランキングで、9月18日に1位、肝臓・胆のう・膵臓内科部門ランキングで、9月18日、9月27日に1位を獲得しました。

診療のガイドラインなどの専門書が並ぶ中、一般の患者向けの本が1位を取るのは珍しいことです。外科手術より体への負担の少ない放射線治療は、これからますます癌治療の主流となっていくでしょう。

強度変調電子線治療ー皮膚表面に這うように進展している有棘細胞癌でいびつな形状の腫瘍に対して均質に照射されている

強度変調電子線治療ー皮膚表面に這うように進展している有棘細胞癌でいびつな形状の腫瘍に対して均質に照射されている

② 『安心の脳動脈瘤治療 ― 手術をしないカテーテル治療の最前線 ―

脳手術も怖くないカテーテル治療の時代へ

安心の脳動脈瘤治療 ―手術をしないカテーテル治療の最前線!

脳卒中発作は待ったなし、自分も家族も人生が一変してしまう恐ろしい病気です。

「脳ドックの検査を受けたいが、しかし、いざ、脳動脈瘤が見つかっても、頭を開いて手術するのは怖い」と、ちょっとおかしいぞという気になる症状があっても、そのまま放置している、そんな人に朗報です。

心臓などで使われる、細い管状の器具を足などの血管から挿入して行なう「カテーテル手術」が、脳血管外科の分野でも使われるようになりました。

本書で紹介する最新ステント「フローダイバーター」は、海外での好成績を受け、2015年10月からついに国内の施設で使用が始まりました。

未破裂脳動脈瘤を開頭しないで治療する選択肢が加わったのです。

この最新治療について、兵庫医科大学病院 脳神経外科教授の吉村紳一医師を取材しました。

岐阜大学医学部卒業後、国立循環器病センター、ハーバード大マサチューセッツ総合病院、チューリヒ大学で腕を磨いた吉村医師は、開頭手術もこの最新カテーテル治療も両方スペシャリストの、日本でも世界でもごく限られた脳外科医であり、現状を熟知する最適な医師です。

開頭手術、カテーテル治療、どちらにも長所と短所があり、症状により、向き不向きがあるので、知っておくと、いざという時に心強い内容です。

脳神経外科領域で2015年10月より国内でも治療開始された、カテーテル治療で使われる最新ステント「フローダイバーター」

脳神経外科領域で2015年10月より国内でも治療開始された、カテーテル治療で使われる最新ステント「フローダイバーター」

③ 『期待の膵臓癌治療 ─ 手術困難な癌をナノナイフで撃退する!

千代の富士を襲った膵臓癌に朗報

期待の膵臓癌治療 ─手術困難な癌をナノナイフで撃退する!

アップル社のスティーブ・ジョブズさん、坂東三津五郎さん、横綱の千代の富士・九重親方の膵臓癌に関する報道で、膵臓癌の難治性が改めて注目されました。

初期の膵臓癌に特徴的な症状はなく、受診し膵臓癌と診断された時には、多くは手術不可能、何も治療しなければ平均生存率が半年といわれる、最後の難攻不落の癌です。

その膵臓癌に対し「ナノナイフ治療」という最先端治療が、2015年4月よりやっと日本で始まりました。

先陣を切って治療を行なっている森安史典医師に、この最先端治療についてインタビューを行ない、まとめた本です。

ナノナイフ治療は、局所にとどまっているが、手術できない膵臓癌に唯一の治療法です。

ナノナイフといってもメスではなく、開腹せずに、電気を通すことで膵臓癌治療を行なう画期的な方法です。

開腹しないため体力の低下も防ぐことができ、電気を通す治療自体は10分で終わり、全身麻酔がさめるまで2時間で終了するということです。

森安史典医師は、東京医科大学病院消化器内科主任教授として長年消化器癌治療に携わり、今年3月退官後、4月より山王病院で精力的にナノナイフ治療を行なっています。

森安史典医師は、現在、肝細胞癌の標準的な治療として位置づけられている「ラジオ波焼灼術」も、日本で最初に始めた医師の一人。「森安先生が認めて導入した診断法や治療法は、10年後には必ず日本の医療現場で主流になる」とも言われています。海外では、膵臓癌だけでなく他の癌にも適応され数千例以上の症例があり、今後、日本でも他の癌への適応も期待されています。

本書は、アマゾンの肝臓・胆のう・膵臓内科ランキングで、2016年9月24日に1位を獲得しました。これも、診療のガイドラインなどの専門書が並ぶ中で、一般の患者向けの本が1位を取るのは珍しいことです。専門家の中でも注目されているということでしょう。

ナノナイフ治療はメスは使わず癌患部に通電して治療する

ナノナイフ治療はメスは使わず癌患部に通電して治療する

④ 『信頼の腰痛・脊椎治療 ─ 寝たきりリスク「ロコモティブシンドローム」を回避する!

手術しなくてもすむ腰痛治療「ノルディック・ウォーキング」

信頼の腰痛・脊椎治療 ー寝たきりリスク「ロコモティブシンドローム」を回避する!

周囲の人に「急に最近何か姿勢が悪くなったみたい」と言われたら、要注意!

最近特に増えている「成人脊柱変形」は、年相応の加齢による変化かな…と放置してしまいがちですが、背骨が曲がり始めると、筋肉で支えきれなくなり、6カ月から1年くらいで急激に悪化する場合があるので、専門医への受診が必須です。

現在、75歳以上の人のほぼ3人に1人は、要介護認定者となっていますが、要支援・要介護になる人の25%は運動器の障害で、脳卒中や痴ほう症より多いのです。何も運動をしなければ、20歳~30歳から筋肉量は減っていくと言われ、超・高齢化の昨今、若い頃からの寝たきり防止対策が必要な時代となっています。

今回、整形外科、特に脊椎外科の分野で最先端を行く久野木順一医師(日本赤十字社医療センター・整形外科センター長)にインタビューしました。

腰痛の原因は15%しか分からないというデータが独り歩きしていますが、優れた脊椎整形外科医は、痛みの原因9割以上を特定できるということです。

骨盤と背骨のバランスは個人で違い、整形外科分野は想像以上にオーダーメイド治療を必要とするそうです。名医といわれる医師は、その微妙な個人差を見極めることができるとのこと。整形外科分野で、何を指針としたら良いのか、その核心がまとめてあります。

高難度手術を数多く手がけ、手術の経験が豊富な久野木医師は、できるだけ手術をしないで済む方法として「ノルディック・ウォーキング」を受診時に患者に紹介し、車椅子の人でも、手術せず歩けるようになる場合もあるということです。

ノルディック・ウォーキングとは、クロスカントリースキーの選手たちが、夏の間の体力維持・強化トレーニングとして行なっていたスキーウォークを、スキーのストックのようなポールを使った簡単な歩行運動として改良したものです。

普通の一本杖では、それで歩いているとかえって姿勢が悪くなることが少なくないのですが、ノルディック・ウォーキングでは、スキーのように2本ポールを使うことにより、四足歩行になり、姿勢が矯正されるということです。

⑤ 『第一の肺癌治療 ─ 早期発見・チーム医療・ロボット手術・肺移植・話題の新薬まで

日本人に一番多い肺癌、胃癌を抜いて第一位

第一の肺癌治療 ─ 早期発見・チーム医療・ロボット手術・肺移植・話題の新薬まで

第一の肺癌治療─早期発見・チーム医療・ロボット手術・肺移植・話題の新薬まで─

日本人に最も多い癌が肺癌です。その原因の第一は、なんといってもタバコです。周囲に漂う副流煙は、喫煙者自身が吸う主流煙よりもさらに健康に悪いことが分かっています。主流煙を1とした場合、ニコチンは2.8倍、タールは3.4倍、一酸化炭素は4.7倍にものぼります。

つまり自分がタバコを吸わないからといって、肺癌にならないとは限らないのです。

本書では肺癌にならないための予防法と紹介、その対策を、京都大学医学部附属病院の呼吸器外科教授、第一人者の伊達洋至医師に取材しました。

伊達洋至医師は、NHK番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』 2010年10月18日放送「絆を、最高のメスに」に出演したこともあります。2007年より、京都大学大学院 医学研究科器官外科学講座 呼吸器外科学教授、約3500例の肺癌などの呼吸器外科手術を経験、日本で初めての生体肺移植を執刀し、日米通算222例の肺移植を経験しています。肺癌手術の第一人者です。

肺癌治療の難しさは、肺癌自身の大きさ、リンパ節転移、遠隔転移など3つの要素によって、癌のステージが決まり、治療の選択肢が考えられる点です。

⑥ 『救いの総合診療医 ─ 新・総合診療専門医が日本の医療を変える!

ドクターGが日本の医療を大改革

救いの総合診療医 ─ 新・総合診療専門医が日本の医療を変える!

救いの総合診療医―新・総合診療専門医が日本の医療を変える!

NHK番組の『ドクターG(総合診療医)』や、医療ドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系の「火曜21時ドラマ」枠にて2016年10月11日から)が放映され、総合診療医の重要性が注目されています

大きな病院は常に患者でいっぱいで、何時間も待って受けるのは5分診療。

いつも癌の不安におびえ、今の不調の原因はいつまでたっても分からない。病院回りに時間を費やすのではなくもっと有意義な人生を送りたいと、日本の高齢者の多くが思っています。日本は、高度な医療を国民皆保険で受けることができる、世界でも稀有な国なのに、なぜか人々の医療に対する満足度は低いのです。

そこで、本書は、日本の総合診療改革の中心的存在、竹村洋典医師(三重大学医学部附属病院総合診療科 教授)に、インタビューしました。

早稲田大理工学部から防衛医科大卒業後、米国テネシー大学家庭医療レジデントを経験し、アメリカ家庭医療専門医の資格を持つ竹村医師。

家庭医先進国アメリカで、多彩な研修を経験し、のちに日本型総合診療医の構想を構築する基礎を学んだ、今、日本の医療改革の中心にいる人物の一人です。

今後、どのような方向に、国が医療を導こうとしているのか、それが我々の生活にどのような大変革をもたらすのか分かる、貴重な本だといえます。

情報を得る努力によって、早期発見、早期治療。「情報量が寿命を決める時代」です。

送料・代引き手数料無料

桜の花出版

桜の花出版のご案内

東京都町田市中町1-12-16
アイケーブリック 401
TEL : 042-785-4442
FAX : 042-785-4424
営業時間 : 9時30分-17時
定休日 : 土日祝日
※ 桜の花出版ネットストアで購入すれば、1冊からでも送料無料最大10%OFF!!
RSS Facebook Twitter

Copyright (C) 桜の花出版. All Rights Reserved. この画面はセキュリティ確保のためSSL(Secure Sockets Layer)を利用しています。