龍馬伝説

龍馬伝説
  • 著者:北影雄幸
  • 定価:1,600円(税別)
  • ページ数:374ページ
  • ISBN-10:4434139444
  • ISBN-13:9784434139444
  • 発売日:2009/12/11
  • サイズ:四六判上製 19.2x13x2.6cm
  • 発行元:桜の花出版

桜の花出版ネットストアで買う

表紙の帯より

維新を駆け抜けた志士たちの証言で浮かび上がる人間坂本龍馬の日本人たる生き方。

目次

まえがき

第一章  龍馬の評判
  勝海舟の龍馬評          冒しがたい威権があって、よい男だった
  西郷隆盛の龍馬評       龍馬の度量や到底測るべからず
  武市半平太の龍馬評     土佐の国ではあだたぬ奴だ
  陸奥宗光の龍馬評       近世史上の一大傑物なり
  田中光顕の龍馬評       死してなお死せずという人物である
  板垣退助の龍馬評       豪放不埒、これ龍馬の特質なり
  土方久元の龍馬評       実に非凡の思想を有し、これを断行し得たり
  佐々木高行の龍馬評     自分は才谷の様に変通が出来ぬ
  中江兆民の龍馬評       何となくエラキ人なり
  由利公正の龍馬評       その顔を見ると、直ちに天下の事成就と思われた
  桂小五郎の龍馬評       心の公明と量の寛大なる人なり
  三吉慎蔵の龍馬評        胆力はきわめて大なり
  大久保一翁の龍馬評     大西郷の抜け目なき男なり
  お登勢の龍馬評          こっぱ役人が何人いても龍馬にはかなわない
  お龍の龍馬評             ソレはソレは妙な男でした
  その他の龍馬評          なかなかに大胆不敵の人物なり

第二章  龍馬の恋
 初恋の人  平井加尾
  不思議な手紙             細き大小一腰各々一つ御用意ありたし
  別れて後も                まだ少しは気づかいもする
  純愛の人  千葉佐那
  静かな恋ごころ            いたりて静かなる人なり
  一生を貫いた純愛         天下静定の後を待って華燭の典を挙げん
 運命の人  お龍
  龍馬から見たお龍         まことにおもしろき女なり
  潔い性格                  私が死ねばよいですか
  命の恩人                  龍女がおればこそ、龍馬の命は助かりたり
  日本で初の新婚旅行     山へ登ってみたい
  龍馬の恋ごころ            必ず必ず下の関にて、御まちなされたく候
  お龍の魅力                まことに妙な女にて候
  永遠の愛                  私は家なぞはいりません

第三章  龍馬遭難の真相
 寺田屋遭難事件
  龍馬自身の証言I         ビストールを以て、一人を打ち倒し候
  龍馬自身の証言II        一生の晴にてこれあり候
  お龍の証言               お前さん等に殺される私じゃない
  お登勢の証言              両人の人にはしょせんかなわず
 近江屋遭難事件
  菊屋峰吉の証言          中岡さんが苦しい息の中から、事件を語られました
  田中光顕の証言          坂本と中岡が血に染んで倒れていた
  林謙三の証言            坂本氏は抜刀のまゝ流血淋漓の中に斃る
  宮地彦三郎の証言        両隊長を一時に撃たれし同志の感慨如何ぞや
  今井信郎の証言          電光石火で、一瞬間でやってしまったのです
   井口新助の証言         刺客は阪本君の頭上を目掛け、一刀斬り下げたり
  谷干城の証言            非常な武辺場数の奴に相違ない
  お龍の証言               龍馬が全身朱に染んで血刀を下げている夢を見た

第四章  伝説のことば
 手紙・史料より
  青雲の志                 国のため天下のため力を尽くしおり申し候
  日本の洗濯              日本を今一度洗濯いたし申し候
  世界の海援隊            世界の海援隊でもやらんかな
  独立不羈の精神          一人の力で天下を動かす
  抜群の行動力            おれは前に立ってヅンヅン押し分けて道開きする
 押分けて道開きをする
  烈々たる士魂             いずれ血を見ずばなるまい
  したたかな処世術        はらわただけは奇麗だよ
  透徹した死生観          人間一生実になお夢の如し
  惻隠の情                 ずいぶん精だして、長い御歳を送りなよ
  創造する好奇心          命さえ捨てればおもしろき事なり
 『英将秘訣』より
  生と死の格言            死を畏るゝことなかれ
  尊王と攘夷              何ぞ人の下座に居られんや
  男子の事業              世に生利を得るは事を成すにあり
  志士の心得              慎しみて己れを赦すなかれ
  実戦の心得              兼て工夫満つれば戦場面白きものな
  天下の取り方             いくさは主将を殺すを要とす
  英将の条件              忍は事を成就するを本意とす
  「海援隊約規」            隊長その死活を制するもまた許す
  「船中八策」              政令宜しく朝廷より出づべき事
  「龍馬の和歌」           我がなすことは我れのみぞ知る

【付録】
坂本龍馬・関連人脈
坂本龍馬・略年譜

送料・代引き手数料無料

桜の花出版

サイト内検索

桜の花出版のご案内

東京都町田市中町1-12-16
アイケーブリック 401
TEL : 042-785-4442
FAX : 042-785-4424
営業時間 : 9時30分-17時
定休日 : 土日祝日
※ 桜の花出版ネットストアで購入すれば、1冊からでも送料無料。会員登録で、10%OFF!(例外あり)
RSS Facebook Twitter

Copyright (C) 桜の花出版. All Rights Reserved.